錫 再生・買取

錫・ハンダ買取

錫(スズ)は融点が低く比較的無害な金属材料として、スズ単体、または、合金の成分として古来から広く用いられてきました。
スズを含む合金としては、との合金であるハンダ(最近は鉛フリーのハンダが増えてきており、錫が主成分になることが多い)、との合金である青銅が代表的です。
スズ単体についても、適度な硬さがあり加工もしやすいため、アルミニウムが安価に生産されるようになるまでは食器 などの日用品やスズ箔として広く用いられてきました。

買取品目

品目一覧

  1. 錫インゴット(錫塊)
  2. 錫棒、錫線
  3. 錫ボール、電極アノード錫板
  4. 錫食器
  5. メタリコン錫
  6. 錫流れ
  7. 錫滓、錫ドロス
  8. 錫スラッジ・錫汚泥
  9. 錫灰・錫粉・ショット粉
  10. 酸化錫(SnO2)・ITO
  11. ホワイトメタル・バビットメタル

品目詳細

1 錫インゴット(錫塊)

純錫で錫成分が100%に近い錫の地金。フォーナイン(錫99.99%)やスリーナイン(錫99.9%)等がある。

  • 錫インゴット 錫インゴット

↑ページトップへ

2 錫棒、錫線

成分が錫でできている。棒状や線状の物で、ハンダや鋳造の原料として使用されています。

  • 錫棒 錫棒

↑ページトップへ

3 錫ボール、電極アノード錫板

主に錫鍍金様に使用。以前は有鉛ハンダ鍍金が多く普及していたが、鉛フリー化で錫鍍金が代用されている。電気部品の電線やブスバーなどに錫鍍金が施される。

  • 上鉛 上鉛

↑ページトップへ

4 錫食器

錫100%の錫器もありますが、非常に柔らかいので、錫が90%含まれており、銅(Cu)やアンチモン(Sb)が含まれています。昔は鉛(Pb)が含まれている物もありました。 錫とアンチモンの合金はピューター(Pewter)と呼ばれ、マレーシア等のお土産で多く使われています。ピューターで作られた花瓶、像、置物、食器、アクセサリーがあります。

  • 錫食器 錫食器

↑ページトップへ

5 メタリコン錫

錫のメタリコン溶射の際にでる滓で、亜鉛との合金等もある。

  • メタリコン錫 メタリコン錫

↑ページトップへ

6 錫流れ

錫ハンダ等を行った際の流れ屑。

  • 錫流れ 錫流れ

↑ページトップへ

7 錫滓、錫ドロス

錫ハンダ等を行った際のはんだかす、ハンダ漕からでる酸化物。

  • 錫滓 錫滓

↑ページトップへ

8 錫スラッジ・錫汚泥

ブリキメッキ、錫化合物、錫合金工場、メッキ工場や、電子基板工場などから発生する、錫含有の汚泥スラッジ。

  • 錫スラッジ1 錫スラッジ1
  • 錫スラッジ2 錫スラッジ2

↑ページトップへ

9 錫灰・錫粉・ショット粉

錫含有の粉体状の物、ショットブラスト後の廃棄粉等。

  • 鉛ショット粉 鉛ショット粉

↑ページトップへ

10 酸化錫(SnO2)・ITO

酸化錫と酸化インジウムの化合物がITO(酸化インジウムスズ)と呼ばれ、主に液晶テレビ等に使用されている。ターゲット材として。

↑ページトップへ

11 ホワイトメタル・バビットメタル

主に軸受合金として使用されており、錫(Sn)、アンチモン(Sb)、銅(Cu)、鉛(Pb)、亜鉛(Zn)等の成分で構成されている。減摩合金ともよばれる。

↑ページトップへ

お問い合わせはこちら