アルミ 再生・買取

金属スクラップの中で最も取扱量が多く、自動車、家電製品、飲料缶等身近なものから、鉄筋、鉄骨など建物の解体工事の際にも多く発生する。スクラップの代表格であり、屑鉄(くずてつ)、鉄くずとも言います。
鉄リサイクルの歴史は長く、鉄は何度でも再生し、新たな鉄製品を作ることができます。主に高炉を持たない電炉メーカーが鉄スクラップを鉄鉱石と同様に重要な製鉄原料として鉄鋼へとリサイクルしています。
鉄スクラップは市中スクラップと自家発生スクラップに分類されますが、自家発生スクラップは製鋼メーカーで製鋼工程から出てくるスクラップのことで、見ることはほとんどありません。

  1. アルミ63S
    (ロクサン)
  2. アルミ印刷版
    (PS版、写真版)
  3. アルミ新屑
    (1S/2S、プレス屑、アルミ食器等)
  4. アルミ新コロ
    (アルミ鋳物)
  5. アルミホイール
  6. アルミ合金一品屑
    (52S)
  7. アルミ合金新屑
    (合新)
  8. アルミサッシ屑
    (63s)
  9. アルミガラ
    (アルミ込みガラ)
  10. アルミ缶
    (カン)
  11. アルミダライ粉
  12. アルミラジエーター
  13. アルミPタイル

品目詳細

1 アルミ63S(ロクサン)

建築用のアルミサッシや窓枠などに多く用いられることから、アルミサッシ・サッシ屑と呼ばれています。
分厚く硬いものは61Sとなる。

  • アルミ63S アルミ63S

↑ページトップへ

2 アルミ印刷版(PS版、写真版)

アルミ1000系。印刷用の精版されたアルミ製の板。
印刷版、PS版、写真版などと呼ばれています。

  • アルミ印刷版 アルミ印刷版

↑ページトップへ

3 アルミ新屑 (1S/2S、プレス屑、アルミ食器等)

アルミ1000系。錆びにくく溶接しやすい反面、柔らかく強度がないため、食器類などの家庭用品・日用品・家電機器に多く使われています。

  • アルミ新屑 アルミ新屑

↑ページトップへ

4 アルミ新コロ(アルミ鋳物)

型にアルミを流し込み成型したもの。エンジンのアルミ等。

  • アルミ新コロ アルミ新コロ

↑ページトップへ

5 アルミホイール

自動車のホイールでタイヤを外した状態のもの。鍛造や鋳造、1ピースや2ピースなど様々な種類があります。

  • アルミホイール アルミホイール

↑ページトップへ

6 アルミ合金一品屑(52S)

アルミ5000系。Al-Mg系合金。一般的な合金として、中でも、A5052は板金等多く使用されており52Sとして流通している。機械部品などに多く使用されています。

  • アルミ合金一品屑(52S) アルミ合金一品屑(52S)

↑ページトップへ

7 アルミ合金新屑(合新)

アルミ合金の新屑で一品合金ではなく、数種類の合金が混ざっているもの。

  • アルミ合金新屑 アルミ合金新屑

↑ページトップへ

8 アルミサッシ屑(63s)

アルミサッシ屑(63s)ですが、鉄のビスや取っ手、樹脂、コンクリート、ガラスなどの不純物が残るもの。

  • アルミサッシ屑 アルミサッシ屑

↑ページトップへ

9 アルミガラ(アルミ込みガラ)

様々な種類の不純物付きアルミです。
アルミ製の鍋やフライパンなど、様々な形状のものがあります。

  • アルミガラ アルミガラ

↑ページトップへ

10 アルミ缶(カン)

アルミニウムやアルミニウム合金を主な材料として製造された缶でのこと。

  • アルミ缶 アルミ缶

↑ページトップへ

11 アルミダライ粉

アルミニウム削り屑です。アルミ製品の加工時に出る切削屑で、業界では切り粉とも呼ばれています。
(腐食したもの鉄鋼切削剤などその他の異物が混ざっていないもの。

  • アルミダライ粉 アルミダライ粉

↑ページトップへ

12 アルミラジエーター

主に自動車などに使われている冷却用のラジエーターを取り外したものです。

  • アルミラジエーター アルミラジエーター

↑ページトップへ

13 アルミPタイル

アルミニウムでできた床材で、アルミニウムのみとなっているものです。

  • アルミPタイル アルミPタイル

↑ページトップへ

お問い合わせはこちら