銅合金 再生・買取

真鍮・砲金・銅合金買取

銅合金とはを主体としてさまざまな元素を加えた合金の総称で多種あります。
一般に耐食性にすぐれ,機械的性質・電気的性質などがよいので,古くから広く使用されていました。
代表的なものは黄銅(亜鉛),青銅(スズ)であるが、その他 ニッケル・マンガン・・ケイ素・チタン・銀・クロム・アルミニウム亜鉛 等の金属との2元~多元のきわめて多種類が実用されています。

買取品目

品目一覧

  1. 丹銅
  2. 洋白
  3. 白銅
  4. ベリリウム銅
  5. チタン銅
  6. 銀入り銅
  7. クロム銅

品目詳細

1 丹銅

丹銅は特に見栄えのする銅で、黄銅の一種のため、銅と亜鉛の合金ですが、このうち亜鉛の含有量によって色が変わります。C2100、C2200、C2300、C2400等がある。

銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Zn
C2100 94.0以上96.0以下 残部
C2200 89.0以上91.0以下 残部
C2300 84.0以上86.0以下 残部
C2400 78.5以上81.5以下 残部

↑ページトップへ

2 洋白

銅・亜鉛・ニッケル合金でニッケルシルバーや洋銀等と呼ばれ銀食器の代用として使用されている。

500円玉は、銅72%-亜鉛20%-ニッケル8% の合金で作られている。

C7351、C7451、C7521、C7541等があり銅と亜鉛の含有量が異なる
バネ用洋白でC7701

銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Zn Mn Ni
C7351 70.0から75.0 残部 0から0.50 16.5から19.5
C7451 63.0から67.0 残部 0から0.50 18.5から11.0
C7521 62.0から66.0 残部 0から0.50 16.5から19.5
C7541 60.0から64.0 残部 0から0.50 12.5から15.5
C7701 54.0から58.0 残部   16.5から19.5

↑ページトップへ

3 白銅

銅・ニッケル合金でキュプロニッケルと呼ばれ 100円玉等に使われている。
C7060、C7150

銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Fe Mn Ni
C7060 残部 1.0以上1.8以下 0.20以上1.0以下 9.0以上11.0以下
C7150 残部 0.40以上1.0以下 0.20以上1.0以下 29.0以上33.0以下

↑ページトップへ

3 ベリリウム銅

銅にベリリウムを0.15~2.0%程度混ぜたもので高い強度を持つ。

ばね用ベリリウム銅でC1700、C1720
ばね用低ベリリウム銅でC1751

銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Be NiとCo合計
C1700 残部 1.60から1.79 0.20以上
C1720 残部 1.80から2.00 0.20以上
銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Be Ni
C1751 残部 0.2から0.6 1.4から2.2

↑ページトップへ

5 チタン銅

Cu-Ti系の銅合金で、時効硬化型の合金とも言われます。
ばね用チタン銅でC1990

銅合金番号 主な化学成分(単位:%)
Cu Ti
C1990 残部 2.9から3.5

↑ページトップへ

6 銀入り銅

銀を添加した銅合金で、銅よりも優れた導電率や熱伝導率を持つ銀を加えることでこれらの特性をあまり低下させないよう留意したものです。

↑ページトップへ

7 クロム銅

クロムを加えた銅合金で、クロムの特性により高温での耐摩耗性が向上した銅合金です。

↑ページトップへ

お問い合わせはこちら