真鍮・砲金 再生・買取

真鍮・砲金・銅合金買取

真鍮とは、黄銅とも呼ばれる銅合金の一種で、60~80%、亜鉛40~20%程度で作られています。水道関係で広く使われており、蛇口(カラン)、バルブ、水道管等、ガス関係では口金等に使われています。その他、金に近い色をしていることから仏具、装飾品に使われています。砲金とは、青銅とも呼ばれ、80~90%、20~10%程度の銅合金です。
砲金は真鍮同様、水道関係で広く使われており、蛇口(カラン)、バルブ、水道メーター、ポンプのプロペラ等で使われています。鍍金されていることもありますが、異物を取り除けばメッキ砲金として買取できます。
スクラップ業界ではバルブ等真鍮と砲金が未解体の状態でもバルブ砲金として買取されている場合もあります。
また、ブロンズとも呼ばれ、モニュメントの像や、お寺の鐘にも使われています。

買取品目

品目一覧

  1. 真鍮セパ
  2. 真鍮コーペル
  3. 黄銅棒コロ
  4. 棒地
  5. 真鍮ダライ粉(真鍮削粉、真鍮切り粉)
  6. ワイヤーカット
  7. メッキ真鍮
  8. 込真鍮

品目詳細

1 真鍮セパ

新切の真鍮(銅65%、亜鉛35%)です。1号新黄銅屑とも呼ばれます。

  • 真鍮セパ 真鍮セパ

↑ページトップへ

2 真鍮コーペル

新切の真鍮(銅60%、亜鉛40%)です。2号新黄銅屑とも呼ばれます。

  • 真鍮コーペル 真鍮コーペル

↑ページトップへ

3 黄銅棒コロ

棒鍮(棒コロ)は、棒状の純粋な真鍮を指します。
全くダスト(付物)のないものをいいます。銅と亜鉛の合金で、真鍮100%で不純物がないもの。

  • 黄銅棒コロ 黄銅棒コロ

↑ページトップへ

4 棒地

棒コロとほぼ同じ物ですが棒コロが比較的きれいなもの。

棒地は使用感のある棒状の純粋な真鍮のものという認識です。

  • 棒地 棒地

↑ページトップへ

5 真鍮ダライ粉(真鍮削粉、真鍮切り粉)

真鍮の快削棒などの材料を旋盤等の加工した際に発生する粉状のスクラップです。

加工によっては粉状ではなく、巻き巻きのバネのような長い屑になることもあります。
そのような形状のダライ粉をパーマと呼びます。

↑ページトップへ

6 ワイヤーカット

ワイヤーカット放電加工の工程で発生する使用済みの真鍮製ワイヤー。

  • ワイヤーカット ワイヤーカット

↑ページトップへ

7 メッキ真鍮

真鍮をメッキしたものです。水道の蛇口付近に見られます。

  • メッキ真鍮 メッキ真鍮

↑ページトップへ

8 込真鍮

込真鍮は、真鍮に鉄やプラスチック等のダストが付いたもので込中や混真鍮とも呼ばれます

  • 込真鍮 込真鍮

↑ページトップへ

お問い合わせはこちら